光り輝く島スリランカ、アーユピヤサ

アーユピヤサのもう一人のオーナー朝比奈さんのページより。
もう今年3度もヨガリトリートで訪れているスリランカのアーユルヴェーダリトリート施設、アーユピヤサのムービー。
後半に進むにつれて、思い出すのはスタッフ達の愛、大地の力強さ、動物達。
何ものにも例えがたい安らかでピースフルな「幸福」がここにあります。

次回のリトリート開催はは1/29-2/5(6泊8日)
詳細は以下のサイトをご覧下さい。
http://studio-shanti.com/201/posts/3486

8/10 上馬場和夫先生による「アーユルヴェーダでセルフケア」開催

インドの伝統医学、アーユルヴェーダについてどんな印象がありますか?
ヴァータ、ピッタ、カッファ。
質問に答えて自分の体質(ドーシャ)がどれに当てはまるか知ること?

これでは何となく占い的な感じで終わってしまいます。
「なるほど~私はカッファだから朝早起き苦手なのね、
身体がむくみやすいのね~」という感じです。

問題はこの先です。
まずは質問書の答え方は今の自分をみて答えるのか、
生まれ持った自分、子供時代の自分を顧みて答えるのか、
大きな違いが出て来るはずです。
生まれ持った自分の性質ドーシャはプラクリティ、
現在の自分の性質ドーシャはヴィクリティ、
全然違うものなのです。

そして生まれ持ったドーシャ、プラクリティは
実は自分がお母さんのお腹の中で受精卵になった瞬間の
状態で決まります。
要するに、その時のお父さんとお母さんの状態で
決まるのです。
インドではそこをとても重要視して「こと」をする訳です。

私たちのヴィクリティは今の体調やストレスでも
変化しますし、一日の時間帯、季節でも変化します。
それを自分で脈診しながら、観察することが
スタート地点です。
そして毎日の生活で食事や生活習慣に関して
どんな事を注意すれば良いか学びます。

これがシャンティで学ぶ
「アーユルヴェーダでセルフケア」講座です。
2年半前からスタートしたこの講座はどんどんパワーアップしています。

studio Shantiでは、日本のアーユルヴェーダ研究の第一人者、
上馬場和夫先生を講師にお招きして開催します。

6月15日の講座は好評につき満員となりました。
追加日程の8月10日の募集は昨日スタートしています。
年内の開催はこれが最期となるかと思います。

興味のある方は是非お早めにお申し込み下さいね。

http://studio-shanti.com/201/posts/2809

‹‹ ブログ記事の一覧を見る ››